ベガルタ仙台・広島カープを中心に野球・サッカー及びその他のスポーツに関することや、東アジアを中心とした歴史や国際問題についても記していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
代表に勝った!
2006年06月03日 (土) | 編集 |
えと…勝ちましたね…
なんというか不完全燃焼気味ではありますが
勝利は勝利
こういった展開で
引き分けることなく勝てるようになったのも
成長の証でしょうか?
某所での某スポーツ観戦が体を蝕んだのか?
今週は体調を崩し気味で
今日もなんとか参戦できた程度

スタジアムに到着と同時に目に入ったのが

四国代表

愛媛の立場は…w

そして弾幕がよれてカッコワルスw
サポ2名が必死で直していましたが
なかなか上手くいきませんw

そんなほのぼのとした中
徳島のアノ選手がアップを始めます

ノリヲ様 ハァハァ

仙台サポも思わず見入ってしまいますw

そんな和やかなムードの中
選手紹介が始まり
徳島のスタメンに軽くブーイング
そしてサブメンバー紹介で。。。

あれ?
人数足りなくね?
周囲もザワつきます
私も自分の知識に自身が持てず
???ってな状況

そんな不思議な空気の中試合開始

試合は終始ベガルタペースでした
中盤で細かいパスが面白いようにつながり
徳島を切り裂きます
しかし決定機を外してしまい得点には至りません

そして試合が進むうちに
徳島選手のラフプレーが目立つようになります
(あくまでもベガ目線ですのであしからずw)
特に危険なバックチャージが多かったように思います
まぁ黄紙の数でも表れていますが
ファールで止めるしかなかったのでしょうか?
今まで抱いていた徳島の守備とは少し違う印象

そして徳島の攻撃も
守備に人数を割いたせいで
2TOPが孤立しがち
そのせいで局面において
ベガルタ守備陣の方が数的優位に立ち
決定機をつくらせません

ああ…チームがあまりうまくいってないんだな
というのは正直な感想
というのも怪我人も含めて
問題点の多くが
ベガルタが去年まで抱えていた事と酷似しているからです

試合内容はといえば
全体的にベガルタが押し込みつつも
徳島守備陣の激しいチェックにてこずり
嫌なムードに
こんな試合を勝てないのが

ベガルタクヲリティ

少なからずこんな思いを抱いた方が多かったことでしょう
まぁ今回はチアゴの大活躍で勝ち星を拾いました
このあたりは評価できると思いますし
チアゴ様様ですよ!

しかし私はあえて苦言を呈したい!

つうか皆叫んでるわけだがw

村上さんテラヤヴァス!
ファンドの方ではない

シュートを外すのはいつものこ(ry
まぁこれも反省して欲しいのですが
私が卒倒しそうになったのは
後半43分頃のプレー

ベガルタサイドの深い位置でボールを持った村上さん
オサレミドルパスを放つも中途半端
センターライン付近で華麗にインターセプトされるorz

大事には至らなかったものの
華麗にカウンターくらいかねない危ないプレー!
時間も時間ですからボールキープを念頭に
大切な試合はこびが求められる場面
キャプテンとして今何をせねばならないか!
というか一選手としての問題だと…

そして似たような場面はロスタイムにも
途中出場の洋介がほぼフリーでボールを持ったときも
無理に攻めなくてもよいのに前線へパス…
救いは一寸アレだと評判の萬代が冷静にボールをキープ!
敵陣コーナー付近でいやらしく時間稼ぎ

やればできるじゃないか!

まぁそれまでのプレーが一寸ねw

勝つには勝ったけれど
やはり問題点も多くある
たいへん難しい試合でしたw


そして

徳島の4番は無事に帰れるのか?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
萬代の時間稼ぎには成長を感じましたね。
多分精通したのでしょう!
2006/06/04(Sun) 16:43 | URL  | ガイウス・ユリウス・津野浩 #-[ 編集]
>>ガイウス・ユリウス・津野浩さん
このブログはアガペーオンリーです。
御注意下さい!

しかし萬代は精神的に大人になりつつありますね
菅井が遂げたような進化を?
2006/06/05(Mon) 00:29 | URL  | 椰子蟹 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。