ベガルタ仙台・広島カープを中心に野球・サッカー及びその他のスポーツに関することや、東アジアを中心とした歴史や国際問題についても記していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忙しくて・・・
2006年05月11日 (木) | 編集 |
GW前後公私共に忙しく更新できませんでした…
って。。。今も忙しいんだが…

少し前の話になりますがGWは
公私の所用で東京に行ってまいりました
神宮では我等が広島東洋カープがヤクルトと熱戦を!
実は関東近辺での動員率が非常に高い広島ファン…
それに混じりたかったのですが時間がなく断念…

[続きを読む...]
スポンサーサイト
泣きながら読みました
2006年02月12日 (日) | 編集 |
『特攻へのレクイエム』(工藤雪枝:著 中公文庫)

名著です!

私のホームグラウンドとしている図書館は
最近このテの書籍が充実してきています
そのテの職員が入荷しているのか?

[続きを読む...]
ネタが・・・
2006年01月15日 (日) | 編集 |
無いときは読書ネタw

『男たちの大和/YAMATO』に触発され
戦艦大和及び特攻関係の本を読み漁っている今日この頃…

現在進行形で読んでいるのは
『猛き艨艟』(原勝洋:著 文春文庫)です
「艨(もう)」「艟(どう)」共に訓読みは「いくさぶね」
つまり軍艦ということです

太平洋戦争の主要な海戦と
それに参加した艦船の記録を元に
検証及び評価を加えた内容で
読みやすい上にディープな内容です

この手の本を読むということは
戦争を美化したり讃美するものではありません
戦争を現実的に検証することで
戦争をなくしたり抑制したりすることができると思うのです
良書
2005年12月28日 (水) | 編集 |
年末年始読書などいかがでしょうか?

新潮文庫の『地図で現代を読む本』シリーズはお奨めです
 ・アジア情勢を読む地図
 ・アメリカ50州を読む地図
 ・中国全省を読む地図
 ・宗教世界地図
 ・民族世界地図
[続きを読む...]
日本人の実績
2005年12月23日 (金) | 編集 |
先日『男たちの大和 YAMATO』を観て思ったことですが
「戦後60年にしてようやくここまで表現できるようになった」
とはいえ先の大戦を客観的に語ることはまだまだ障害が大きいですね

この本も大戦前~終戦までの激動の中で
ある一つの事実を再確認させてくれます

『朝陽門外の虹』山崎朋子(岩波書店)
[続きを読む...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。