ベガルタ仙台・広島カープを中心に野球・サッカー及びその他のスポーツに関することや、東アジアを中心とした歴史や国際問題についても記していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さぁ盛り上がってまいりました
2006年02月16日 (木) | 編集 |
兎角マイナースポーツが多い
冬季オリンピックですが
色々見所は多くなってきましたね~

特に昨夜のパシュートは
一見地味ながらもなかなか面白い競技だと思います
いわゆる自転車の「追い抜き」ですが
団体戦ならではのチームワークと
トーナメント戦の緊張感は流石です

昨夜は日本女子チームがベスト4に残り
メダル獲得の可能性を残しています
そういえば夏のオリンピックでも
自転車追い抜きで銀を獲得したんですね
その他にも「氷上のチェス」ことカーリングも注目です
これこそ

「地味」代表

のような競技ですが
その戦略的面白さは秀逸です
加えて

選手達が(*´д`*)ハァハァ

すみません取り乱しました…
というか以前からカーリング好きなんですよ私

盛り上がるといえば
「氷上の格闘技」ショートトラック!
ショートトラックといえば

ブラッドバリー氏

に代表されるように
何が起きるかわからない競技
見ていてもの凄く盛り上がりますね

これはプロ化できるような

公営ギャンブルのスタイルを取り入れれば
「KEIRIN」みたいに日本発世界へ…なんてw

フィギュアスケートも期待は出来ますが…
現実は厳しいでしょうね?

A選手の跳ぶ跳ぶ詐欺はあるのか?

なんて皮肉も言いたくはなりますが
兎に角頑張ってください

実力的観点から言えば
アルペン回転のほうが
好成績をおさめてもおかしくないですね
特に佐々木・皆川両選手は
マスコミの注目度こそ低いものの
実力は本物!

マスコミはメダルを意識するあまり
W杯3位の実績=銅メダル獲得チャンス
みたいな報道をしがちですよね
しかしW杯の中身が大切
一線級の選手が出場しているのか?
何処で行われたのか?
このあたりの条件を加味しないと
実力の程はわかりません

もちろん出場した以上
勝つ可能性はあるわけで
それもW杯で表彰台に上がった実績があるということは
オリンピックでメダル獲得できる可能性も高い
ということではありますが…

W杯3位であっても
条件によっては

GⅢ3着

くらいのことはあるわけで
そんな馬がGⅠに出場しても

勝てるわけが(ry

というのが正直な気持ちw

そんな中で佐々木・皆川両選手は
国内の注目度こそ今ひとつですが
国外では非常に評価が高く
結果のみならず
実力もある選手達です
特に佐々木選手を競走馬に例えると
GⅡ勝利且つGⅠ3着に食い込む可能性はある馬だと思います

まさにナイスネイチャw

有馬記念3年連続3着など
カルト的人気を誇った伝説の競走馬w

そういえば佐々木選手には
ヨーロッパに私設ファンクラブもあるそうで
何から何までそっくりですねw

ただし…佐々木選手FC会員は

男だけ だそうですw

そういえば皆川選手は
アルビレックス所属なんですよね

(´・ω・`)ウラヤマシス

アルビレックスは
総合スポーツクラブの道を着実に進んでますね~
我らがベガルタは…

そういえば札幌は日公と共通の回数券
福岡はSBの練習施設を共用
等々交流が進んでます

このあたりベガルタもなんとかならんもんですか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
話が飛びまくりですなw

指摘のとおり、スノーボードのW杯はいわゆるry。マスコミの煽りが非難されてますね。

その点、アルペンはいわゆる第一シードに居ることがどれほど凄いことか。もちろんトップ3は流石に実力は飛びぬけていますが、W杯TOP15に入る事は、車で言えばF1ドライバー級のステイタスです(スポンサーの力とか無しで)。
実績からすればチャンスはあると思います。

あと、ベガルタも夢としてはいろんなスポーツ選手の支援などで地域貢献が出来ればいいですね。
ただし、まずは昇格と負債を何とかするのが先ですが・・・。
2006/02/17(Fri) 05:44 | URL  | ちゃり #-[ 編集]
>>ちゃりさん
飛びます飛びます♪

昇格は現実になんとかなるかもしれませんが
負債は…orz
というかどんな放漫経営したんですかw
2006/02/17(Fri) 14:34 | URL  | 椰子蟹 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。