ベガルタ仙台・広島カープを中心に野球・サッカー及びその他のスポーツに関することや、東アジアを中心とした歴史や国際問題についても記していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くろ~ずゆああ~いず♪
2006年03月29日 (水) | 編集 |
行ってきましたYAMATOロケセット!

本日は仕事も一段落したので
近場にあってなかなか行けなかった
尾道のYAMATOセットを観に行きました

この近辺は私の母方のルーツでもあり
私も色々知っているところなのですが
尾道そのものを観光で訪れたのは初めてです

まず渡船に乗って尾道から向島へ渡ります
渡船といっても車が12台ほど収容できる
平底の小型フェリー
乗船時間5分弱

料金90円

あっという間の航海ですが
風情があっていいですね
昔は故郷から旅行するときは
いろいろな船に乗らないといけなかったこともあり
船はノスタルジーも感じますし
大好きな交通機関のひとつでもあります

とりわけこのような小航海は
なんともいえない趣があり
香港のスターフェリーを思い出しました

下船して走行する事3分弱
現場である日立造船ドック跡に到着

このドックを筆頭に
この近辺はかつて造船で栄えた場所
時代の移り変わりで
このドックも不要のものとなりましたが
YAMATOのロケセットが組まれた事で
再び脚光を浴びることに…
なにか因縁めいた事を感じながら…

たんたたたーたたたったたー♪

心の中でなぜか宇宙戦艦の主題歌が…
宮川泰さんにも敬礼っ!
そうこうするうちに見えてきました!

yamato1-1.jpg


いやー大きかったですよ!
実際は船体下部がものすごく大きいわけで
ここに組まれているセットは
本物と比べればほんの一部なんですが
改めてその大きさの一端に触れました


yamato2-2.jpg


映画内で準主役のように登場した
機銃が目の前に…!
よくここまで復元できたものです
YAMATOの多くは軍事機密という厚いベールに被われていますし
現存する資料の多くもアメリカに接収されているため
まだまだ謎が多く残るといいますが
このロケセットの中で秀逸なのがこの機銃です!

まぁアメリカさんのそれと比べると
機銃そのものにしろ弾薬にしろ劣っていたのですが…
現在の私より若い多くの兵士達が
この機銃で米軍と戦っていたのかと思うと
なにか熱いものがこみ上げてきました

yamato3-3.jpg


艦橋は復元されていませんが
高くそびえる艦橋を心に描いてみました
多くの兵士はこの巨大艦が沈むとは思っていなかったのか?
いや…多くの証言によると
最後の沖縄特攻で沈められることは覚悟していたと…

大艦巨砲主義に基づいて造られ
戦艦としては当時超一級の能力を持ちながら
飛行機が戦局を左右する時代になり
その力を見せることなく
多くの命とともに散った「やまと」…
数多くの批判的証言や意見がありますが
多くの者の心を打つのはなぜでしょうか?


しかしながらこんな感傷を邪魔する存在が…

糞ガキャァァァァァァ!

というか馬鹿親!

春休みで子供が多いのは仕方が無いし
子供がうるさいのも仕方が無い
しかしながらそれを注意する事もなく
周囲に気遣うわけでもない親は…

中にはトンデモ知識をひけらかしている親もいましたね…
まぁそれは仕方がないけれど
公の場でよそ様に迷惑を掛けないよう

躾けてくださいよ!

せっかくYAMATOを観て
少なくとも何か感じておられる事でしょう?
よりよい日本にする為には
そういうところから始めていきませんか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様です。
私の知り合いもセットを見に行ったようですが、
セットとは言え惹きつけるものがあるようですね。

今も人々にも受け継がれる大和への様々な思いは、
今後の未来の日本人にも平和への思いと合わさって
受け継がれていくと祈るような思いです。

そして宇宙戦艦へと・・・。
2006/03/29(Wed) 22:42 | URL  | ちゃり #-[ 編集]
>>ちゃりさん
お久し振りですw

ついに私は見た!

ほんとうは呉の
大和ミュージアム行きたいんですが…
時間があるのか?俺…

鯉の市民球状開幕戦は行けそうにナシorz
2006/03/29(Wed) 22:47 | URL  | 椰子蟹 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。