ベガルタ仙台・広島カープを中心に野球・サッカー及びその他のスポーツに関することや、東アジアを中心とした歴史や国際問題についても記していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美味しゅうございました
2006年03月30日 (木) | 編集 |
昨日の続きです

渡船で尾道に帰って来たのがお昼過ぎ
ちょうど小腹もすいていたので
尾道ラーメンを食べてみる事にしました

市販されている尾道ラーメンを食べた事はあるのですが
尾道でラーメン屋さんに入った事はありませんでした

とりあえず渡し場~市役所近辺を軽く流してみると
行列が出来ているお店が2軒ありました
どちらにするか迷いましたが
私でも耳にした事がある名店

朱華園

に並んでみました
小さいけれど趣のあるきれいな外観
その入り口からは20名ほどの方が並んでいました
天気は良かったのですが
風が冷たく並ぶには少し苦痛がありました

というか

並ぶの嫌い…私

ほかの店にするかな?
などと考えている中に
私の後ろに20名ほどが並びました
こうなると意地でも食べてやるw
というガッツが…

尾道は観光の町ということもあり
多くの年配の方が並んでおられました

およそ20分後
やっと店内に入る事が出来ました
まずはカウンターで「中華そば」と注文
お金を支払い札(ふだ)をうけとります

カウンターで待つ事3分
ついに出てきました
噂の元祖尾道ラーメン!

まずは背油が浮いたスープをすすると
すこし塩味が濃いながらも
爽やかな鳥の出汁と
醤油の風味がよく効いたまろやかさ
細めの平麺にうまく絡みつき
非常に美味しい!

トッピングはチャーシューとネギのみのシンプルながら
人気になるのも納得でした

醤油系のお店でいえば
東京は荻窪の「十八番」といい勝負の印象
ただし「十八番」はコッテリなので
「朱華園」はアッサリ代表という事でw

これならば尾道を訪れた
年配の方々のお口にも会うのではないでしょうか?

海があり山があり歴史があり美味いものがある
なんかホッとする鄙びた町…尾道
観光地として不動の地位を確立してる理由がわかるような気がしました
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うう、腹減った
美味しそうですね、尾道ラーメン

尾道の良さが落ち着いた文章で書かれていて・・・これは尾道観光協会から感謝されますよw
行ってみたくなりました
家族と数年内に中国地方へ観光旅行へ行こうって話をしておりましたが、尾道は外せなくなりました
2006/03/31(Fri) 17:11 | URL  | 希ガス #-[ 編集]
>>希ガスさん
尾道は海岸まで山が迫り
目の前には手の届きそうなところに島があり
まるで小さな香港みたいな感じです
ただし旧き良き日本が
飾らない姿で存続していますので
本当に「休息」するには絶好だと思います
2006/03/31(Fri) 21:36 | URL  | 椰子蟹 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。