ベガルタ仙台・広島カープを中心に野球・サッカー及びその他のスポーツに関することや、東アジアを中心とした歴史や国際問題についても記していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
2006年04月29日 (土) | 編集 |
熱かった!
気温も試合も熱かった!

前半はいつものように攻められます
というか…攻めさせます
そして攻撃もいつものように繋がりませんw
特にチアゴ…いつものようにボールをこねては奪われますw

とはいえいつものことで
連続6試合無失点中の安堵感がありました
木谷のファールから
吉本選手に絶妙なFKを決められるまでは…
高桑が一歩も動けないいいFKでしたが
なにより先取点を奪われ
あの変態的なDFで有名な水戸ちゃんが
引きこもりディフェンスをすれば

ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

と。。。正直思ってしまいました…

まぁ点を奪われてからも
相変わらず中盤でボールを失い
サイドから攻撃を受け防戦一方で…
しかし選手インタビューにもあるように
結果的には水戸ちゃんのリズムを狂わせたんですね

でもって前半終了間際
敵陣ゴール前での混戦から
弱いクリアボールがナヲキの前に!

キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!

押さえの効いたノートラップジャンピングボレー!
もう一回やれといってもできないでしょうw
しかし効果的な一閃でした

興奮冷めやらぬロスタイム
中盤でボールを奪いロペスを経由して
チアゴ→ボルジェスと素早く展開
最後はチアゴが!

キタキタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!

前半グタグタがデフォなチアゴですが
それを穴埋めするような得点w
しかもゴール前のごちゃごちゃした空間を
細かいステップで縫うように動き
テクニックを見せ付けました
スタジアムはお祭騒ぎです

こうなると後半が楽しみなわけで
そんな期待に応えてか
仙台のボールが面白いように繋がります

特にここ数節日本のサッカー
というかJ2仕様に適応しつつあったロペスが
献身的な動きを見せるようになり
時にはドリブル
時にはダイレクトのショートパス
時にはサイドチェンジのロングフィードと
まさに攻撃の核として機能していました

そのロペスと息が合っていたのが菅井
おそらく両者にはなんらかの信頼関係が築けたのでしょう
得点の臭いが漂っていました
なんて隣のHさんとお話した矢先!

キタキタキタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!

ロペスからのパスを受けた菅井が落ち着いて決めました!
この攻撃パターンは今シーズン何回も見ることになるでしょうね
そんな予感をさせるほど完成された動きだったと思います

こうなるとボルジェスは得点したいだろうな~
などと思っていたらw

キタキタキタキタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!

キーパーとの1対1の局面で落ち着いてGOAL!
ボルジェスもJ2仕様の動きに対応しつつあり
無駄なファールをとられないよう考えて動いていましたね

静かなるドン
ジョエル・サンタナ監督をして
『90分間ベガルタのようなアグレッシブなチームに対して、
 守備だけで持ちこたえるということは難しいことです。』
と言わしめた試合内容

守備面は言うに及ばず
攻撃面でもブラジル人と日本人が噛み合い始め
ある程度の形ができつつある今
次は第1クール最終戦です
キタの大地で勝利して
第1クール首位を実現して欲しいですね!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
先制された時には正直負けを覚悟しました。
一人だけネガってしまい、申し訳ありません(土下座)
2006/04/30(Sun) 09:17 | URL  | 男たちの津野浩 #-[ 編集]
>>男たちの津野浩さん
ネガったのは一人だけではないはず
隠していてごめんなさい(土下座)
2006/04/30(Sun) 12:30 | URL  | 椰子蟹 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。