ベガルタ仙台・広島カープを中心に野球・サッカー及びその他のスポーツに関することや、東アジアを中心とした歴史や国際問題についても記していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忙しくて・・・
2006年05月11日 (木) | 編集 |
GW前後公私共に忙しく更新できませんでした…
って。。。今も忙しいんだが…

少し前の話になりますがGWは
公私の所用で東京に行ってまいりました
神宮では我等が広島東洋カープがヤクルトと熱戦を!
実は関東近辺での動員率が非常に高い広島ファン…
それに混じりたかったのですが時間がなく断念…

上京して時間があれば必ず足を運ぶ町

神保町!

いわずと知れた本の町ですね
学生の時もかの内山書店で買い求めた
1冊の本との出会いが
4年間の方針を決め
卒論までお付き合いすることになろうとは…

その卒論執筆の資料(史料)の多くも
数少ない状況の折に買い求めた書籍が大活躍しました

最近はインターネットの発達で
新刊・古書を問わず
書籍の検索と購入がずいぶん楽になりました

しかしながら古書店の魅力は
実際に手に取り思いをはせることができるということ
なんともいえない至福の一時です

古書選びのポイントは

専門店では購入するな!

古書街には様々な専門店があります
当然品揃えもよく
良い一冊に出会うことが多いのですが
専門店なだけにその手の価格に通じていて
比較的高い値段がついています
とはいえその本の価値に見合った値段なんですが…

ということで

専門店は偵察の場とするべし

専門店で商品のチェックと価格のチェックを済ましたら
なるべく専門外のお店
特に雑誌やサブカル関係の書籍を扱っているお店にGO!
怪しげな本の向こうに目的の書籍が
信じられないほどの安価で眠っていることがあります

まぁこんな幸運に恵まれることは稀なんですが
とりあえずこの方式がいいと思います
色々歩いてみてどうしてもなければ
専門店に戻り購入すればいいことですし…

そして時間があれば
神保町以外の古書店に足を運び探索してみるのもいいでしょう
特に中央線沿線は良い古書店が多くあります
中でも中野~吉祥寺はイイ!
とてつもない掘り出し物に出会えるかも!

そして出会えなくても
古書探索は面白いものです

実際に足を運ぶにせよ
インターネットで探索するにせよ
マメなチェックが肝要

みなさんも近所の古書店に足を運んでみませんか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。