ベガルタ仙台・広島カープを中心に野球・サッカー及びその他のスポーツに関することや、東アジアを中心とした歴史や国際問題についても記していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薄氷の勝利
2006年06月21日 (水) | 編集 |
難しい戦いになることは
親方でなくても予測できたこと
今のベガルタに簡単な試合などありえないし
格下などという言葉も存在しません

萬代の(幸運な)得点で勝ち越したものの
その足下は薄い氷
一歩踏み抜けば極寒の海に沈むところでした

なんというか
ブラジル人頼み戦い方に問題があるのは確かなのですが
兎に角日本人選手の意識が…

ブラジル人トリオが機能して
ここまでの順位を保っていることは
サポだけでなく選手も分かっていることでしょう
しかしながら心の何処かで

俺達できるじゃん

などと勘違いしてませんよね?

確かにチーム戦術がブラジル人中心なので
それに合わせた戦い方をするのが正攻法
しかしながらただボールを預ける・繋ぐだけではなく
自ら考えたプレーが出来ていたのでしょうか?

ジーコ監督やサンタナ監督のように
ブラジル人監督はある程度自由を重視するようです
しかしながら自由というのは義務を伴います
自らが果たすべき義務を意識せずして
自由を謳歌することは許されません

このあたりは日本人にとって難しい感覚でもあります
しかしながら先日の札幌戦のように
ロペスがいないだけで
何の工夫もない単調な攻撃に徹した姿を見せられると
ただ単に主力選手が抜けたことが問題ではなく
普段から意識を高く持って戦う・練習する
という選手が少ないのでは?
と疑わざるを得ません(特に攻撃陣)

そろそろターニングポイントですが
戦術を変えて規律を重んじた管理サッカーをするのか
皆の意識を高いところに置くことを念頭に
自主性を重んじた上での現路線を引き継ぐか…

もちろん最終的には後者になって欲しいのが本音
(これは日本代表にも言えますね)
しかしながらそこまでの実力と時間があるかどうか?

置かれている状況はベガルタも日本代表も似ています
しかしながら個人的な観測ですが
決定的に違う点があると思っています

それは選手に対する信頼です

ジーコは基本的に選手を信頼し
日本人の実力を評価していると思います
まぁ過大評価な訳ですが

対してサンタナ監督は
日本人選手の実力を評価していないと思います(特に攻撃陣)
誤解されると困りますが
これは信頼していないのではなく
実力を正当に評価しているという意味ですのであしからず

J開幕当初より
ブラジル人ユニット頼みの攻撃
そしてブラジル人がブラジル人しか見ていないようなプレーに
戸惑いと困惑する声が上がっていましたが
個人的には「やむを得ず」とも思っていました

ワールドカップでも言えますが
やはり攻撃に関しては
日本人の実力と意識はまだまだ頼むに足りません
ジーコに欠けていたのはこのあたりの見極めか?

サンタナ監督にしても
理想は日本人とブラジル人が融合した攻撃のはず
しかしながら現時点では悲しいかな高嶺の花です

さぁこの苦境をどう乗り切るか
首脳陣と選手達の本当の戦いはこれからです
必ず乗り切って目標を達成してくれることを信じています!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。