ベガルタ仙台・広島カープを中心に野球・サッカー及びその他のスポーツに関することや、東アジアを中心とした歴史や国際問題についても記していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はぁ?
2005年10月27日 (木) | 編集 |
まずはロッテおめでとう御座います!
久しぶりに野球らしい野球を見せてもらった気がします
阪神ファンには失礼かもしれませんが
長らく優勝から遠ざかり人気球団ともいえないロッテが
日本一になったということは
長い目で見ると野球界のために良かったことになるでしょう

そんなこんなで巷ではこんな意見が多いようですね
私は正直  はぁ?  と言いたいですね

『プレーオフに疑問』って…阪神はプレーオフ制度に負けたんですか?
そりゃ影響がないとは言い切れないでしょうが
パリーグの営業努力の産物である
プレーオフ制度にケチつけるのはどうなんでしょう?

私が逆に聞きたいのは『なぜセリーグは導入しなかったの?』ということですね
パリーグが営業面で伸び悩んでいるのに手を差し伸べようともせず
自分達の保身ばかり考えていたセリーグ
そんな状況を打破するため苦肉の策として導入されたプレーオフ
その結果間接的にですが日本シリーズパリーグ優位という状況

セリーグは竹箆返しを喰らったんでしょ?

競馬界でも栗東トレセンは早くから坂路調教を取り入れ
ミホノブルボンを筆頭に調教による名馬を育ててきました
美浦トレセンは導入が遅れた為
現在の成績(特にG1)は関西馬の圧勝という結果
プロ野球もこの状況に似てませんか?

私はこんなことが起きる前にもっと早く12球団で足並みをそろえ
野球全体の裾野を広げる努力をすべきだったと思います
しかし現在でさえ球団の数を減らし1リーグ化の動きがある状況…

プレーオフ制度の成功から何を学んでいるのでしょうか?
確かに現行の制度では問題点も多くあります
しかしセリーグも再来年から導入予定ですし
経験を積めばそれなりに完成度は上がるはずです

個人的には球団の数を増やせば
プレーオフ制度に限らず野球界が抱える
多くの問題点が解決すると思っていますが…

まぁ無理なんでしょうね?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。