ベガルタ仙台・広島カープを中心に野球・サッカー及びその他のスポーツに関することや、東アジアを中心とした歴史や国際問題についても記していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別れの季節・・・vol.2
2005年12月05日 (月) | 編集 |
契約満了選手の思い出…

財前宣之選手
ユース代表で知名度は全国区
怪我さえなければ…おそらくベガルタにはいなかったでしょうね
風貌とは違いそのテクニックは華麗でした
起用方法や戦術面で使いづらいタイプでしたが
その存在感は抜群です
おそらく他チームの選手として相見えるでしょう
その際に送られるであろう大きなブーイングは
財前選手への賞賛の証だと思います

松浦宏治選手
昨年トライアウトで都並監督に見出され
同監督をして『素質は代表級』と言わしめました
シーズン前のキャンプでは
そのスピード感あるプレーで
寿人が去った穴を埋めてくれるものと思っていましたが…
シーズン中は途中出場途中交代というめにも会い…
その長所を生かすチームに行ければいいですね

森田耕一郎選手
藤川GKコーチにしごかれ
その能力が大きく向上した一人…
結構低く太い声でのコーチングは
練習場でよく聞くことが出来ました

森川拓巳選手
小柄な体格ですが
ヘディングの強さは折り紙つき
そのポジショニングとジャンプ力は
敵に回すと恐ろしい存在です
その熱く戦う姿勢に共感するサポも多く
惜しまれる選手です

大河内英樹選手
練習場では後輩の渡邉広大選手とコンビで励んでいました
今年は動きが改善されいよいよ能力開花か!
とも思われていただけに残念です
ファン感での『バロンです』は忘れないよw

秋葉竜児選手
「秘密兵器」として期待されていました
そのキックの技術は確かなものでしたが
如何せん怪我に悩まされました
今季は起用法もあって存在感を出すことができませんでした
ベルデニック監督が指揮をしていたら…とも思われます


全選手に新天地が与えられることを心から望みますし
敵として仙スタでその姿を見られるように願っています
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。