ベガルタ仙台・広島カープを中心に野球・サッカー及びその他のスポーツに関することや、東アジアを中心とした歴史や国際問題についても記していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
堂々巡り?
2005年12月06日 (火) | 編集 |
都並監督が解任されちゃいましたね

記者会見の映像見ましたが…涙目でしたね…
思えば就任が報道された時から
物議は醸し出され…
正に開幕戦のパラソルにあった

お都並拝見

という冷めた空気の中での船出でした

都並監督の是非を問う前に
2年連続で監督を変えるフロント方針には強い不満を覚えます
報道によるとブラジル人監督就任の方向との事
ベルデニック監督解任の理由に

(外国人は)コミュニケーションの問題がある

というのはなんだったんでしょうか?
仙台の選手やスタッフフロントの共通語は

ポルトゲースですかw

都並監督と共に斉藤ヘッドコーチと藤川-短パン-GKコーチも辞めるとの事…
声が大きいだけがとりえの髭コーチはともかく
藤川GKコーチが辞めるのは痛手です…
GKのレベルアップに貢献したばかりか
セットプレーのスカウティングを行い仙台の武器にし
その熱いブログでサポの心を捉え
TV出演では巧妙なトークとお宝放出で視聴率もゲット!
試合前のGK練習での豪快且つ華麗なキックは見るものを唸らせ
練習場において間近に見ることの出来る短パン姿は

そのテの方々の目を楽しませてくれました

主要幹部はブラジルから連れてくるとの報道もありますが

ブラジルに帰化させてでも

藤川GKコーチを残留させて欲しかったですね…

まぁ都並監督も理想と現実の違いを大きく学んだことでしょう
想像以上に厳しいJ2での1年間は無駄にはならないでしょうし
これからの指導者人生に大きく役立つと思われます
しかしながら『学んでいない』と思われるのは

フロントですよ!

いったいこのチームをどうしたいのでしょうか?
ベルデニック監督を違約金まで払って解任した理由は?
この1年は何だったのか?
まったくお粗末な限りですね…
バルサのようなソシオ制クラブだったら

フロントは間違いなく吊るし上げでしょうね

サッカーにあまり詳しくない私の相方も常々

経験に乏しい(都並監督)を連れて来て
大仕事をさせようとするフロントがおかしい
都並監督はある意味かわいそうだ


と申しておりますデス…ハイ…




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
組織はトップで変わる。
サッカーに限らずコレは定説ですね。

監督交代で良くも悪くもチーム色は変わってきましたが、フロントは相変わらず・・・。
社長、GMが批判され続けていますが、その社長が役人出の雇われ社長で、他になり手がいないというのが最大の問題なのでしょう。
チーム予算規模の割りに結果が出ない。
数字を見ても営業的責任は当然あります。第三セクターということで保護されている事でこの辺の感覚のズレがあるのか。
社長も経営の自立が必要と以前語ったように、そういった部分からの脱却なくしてフロントの改善は進まないのでしょう。
かなり道は険しいですが。
2005/12/07(Wed) 12:24 | URL  | ちゃり #-[ 編集]
>>ちゃりさん

そこで某島田社長兼GMを強奪w

冗談はさておき
某巨大掲示板にあった
サポカンでの
誰か「チームビジョンは?」
社長「予算や組織の問題があり、
   年度計画を立てても
   その通り進むのは難しいから
   計画は立てない」
このやりとりは本当なんですかね~?
本当ならテラヤヴァス
2005/12/07(Wed) 23:46 | URL  | 椰子蟹 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。