ベガルタ仙台・広島カープを中心に野球・サッカー及びその他のスポーツに関することや、東アジアを中心とした歴史や国際問題についても記していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅のおもひで
2005年12月12日 (月) | 編集 |
サッカー界はTOYOTA CUPで持ちきりですが…

これといったネタもないので
旅の思いでなぞをば…

幸運なことに
コレまでの人生の中で
国内外様々なところに行くことが出来ました

その中でも中国の雲南省は
3度訪れており思い出深い場所です
常春の都『昆明』
旅行者の楽園『大理』
国境の町『瑞麗』
内陸のトロピカル『西双版納』
世界遺産『麗江』
どの土地も過ごしやすく暖かく趣のある場所でした

雲南省は内陸部にあるにもかかわらず
そのエスニックさが人気を呼び
欧米の観光客も多く訪れます
ですから旅行者にとって
便利にできている所も多く
まただからといってスレたところも少ないので
非常に安心して旅行ができる場所です

またなんといっても物価が安いのが魅力

ナチュラル清貧な私

にとっても天国のような場所でしたw

食べ物も美味しく
旅の楽しみの一つです
特に砂鍋飯は特筆に価します
雲南ハムの塩味が効いた釜飯のようなかんじで
非常に美味しかったです

その他多様な少数民族の文化に触れることも楽しいですし
歴史文物も多く勉強にもなります
また美しい藍染めや小道具が信じられない安価で入手できます

10年ほど前は北京から列車で50時間で昆明
昆明から大理まで夜行バスで一晩
大理から麗江までミニバスで10時間ほど
昆明から瑞麗まで寝台バスで30時間ほど
楽しい長旅をしたものですw

現在は道路も格段に良化しているようですし
飛行場も整備され
飛行機のチケットも安く獲得できるようになっています

また機会があれば訪れたいと心から願っています

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いろんなところ行ってて凄いね。
ちゃりで中国は流石にむりですねww
2005/12/13(Tue) 19:13 | URL  | ちゃり #-[ 編集]
>>ちゃりさん

無理じゃないですよ
10年前にはすでに
自転車持ち込んで
旅行していた強者がいましたよ

今なら良質のMTBを現地調達できるでしょうし
やっている方沢山いるんじゃないでしょうか?
2005/12/13(Tue) 20:27 | URL  | 椰子蟹 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。