ベガルタ仙台・広島カープを中心に野球・サッカー及びその他のスポーツに関することや、東アジアを中心とした歴史や国際問題についても記していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気持ちは分かりますが・・・
2005年12月14日 (水) | 編集 |
財前選手の戦力外に納得のいかないサポが
東北ハンドレッドに署名を提出したそうです


確かに気持ちは分かる…確かに…
しかしながら…
プロの世界ですから…
このケースでは涙を飲んで耐えるべきだと思います

ベルデニック監督が解任されたときも
署名活動がありましたが
今回のケースとは性質が大きく異なります
同監督の解任に際しては
フロントに不透明な材料が多く
また感情的問題が主体であったために起きた活動でした

確かに財前選手はかつてのJ1昇格功労者ですし
その技術もすばらしいものがあります
しかしながら今のチームにおいて求められる動きと
彼の持ち味が必ずしも一致しないのは事実です

海外のビッグクラブのように
大物選手が揃っていれば
マイペースな動きも許されますし
それこそがチームの『色』ともなります

しかしながらJ2の現状は違います
兎に角消耗戦です
綺麗なサッカーでは1年を戦い抜くことが出来ません
加えてベガルタ仙台の命題は『J1昇格』
泥臭いサッカーをしてでも

勝利を掴まねばならないのです

正直技術的なレベルはまだまだな選手も多く
それをお互いがカバーするためにも
また自分自身のミスをフォローするためにも
90分走りぬけることは必須のスキルだと思います

そういった意味でも
財前選手が働ける機会は減る一方でしょう
現に今季も…
とはいえ彼が必要な場面もあるでしょうから
一概にはいえないところではありますけどね

個人的な捉え方ですが
自分が応援するチームの
有力選手が去るという経験は

広島カープで慣れて(ry

財前選手の能力が本当に必要とされる場所でプレーすることは
同選手の幸せと言えるとも思います
いいチームが見つかるよう心から願います
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。