ベガルタ仙台・広島カープを中心に野球・サッカー及びその他のスポーツに関することや、東アジアを中心とした歴史や国際問題についても記していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正直複雑です
2005年10月20日 (木) | 編集 |
梁勇基選手が北朝鮮代表として召集されました
本来なら喜ぶべきでしょうが
痛い…痛すぎです姉さん…

まず今季の梁選手はスタミナ面の課題もそれなりに解消し
主に左SHとして攻撃の起点であり
現在のチームには欠かせない存在であることは間違いありません
J1昇格に向けて1戦も落とせない今
梁選手が戦列を離れることは致命的な戦力低下を招きます…
おそらく大柴選手を中心になんとかしてくれるとは思いますが
その大柴選手も本来ならば手術をしないといけない状態…
その侍魂が「シーズンが終わるまでがんばる」と言わせていますが
正直無理をして欲しくありません
梁選手も「とても悩みました」と言っていますが
我々サポも頭を抱えてしまいます…

ここからは微妙な問題になるので
流石の私も言葉を選びながら…ということになりますが
北朝鮮という国のことです
梁選手の国籍の問題なのでとやかく言う筋合いはありませんが
個人的に、この召集によって梁選手が得る経験が
「彼にとって本当にプラスになるのだろうか?」
という疑問を払拭することはできません

例えばワールドカップアジア地区最終予選
あのタイでの北朝鮮戦において
サンフレッチェ広島の李漢宰選手が前半早々
不可解な選手交代によりピッチを去ったことが思い出されます
確かに自陣ゴール前でのファールが多く
北朝鮮にとってFKによる脅威を招いていたことは事実ですが
両国代表チームの現状を見比べると
ファールをしてでも止めないといけない
いや…ファールでないと止められない場面も多くありました

これはあくまでも個人的な憶測ですが
「彼はわざとファールをもらって、日本にFKを与えている」
くらいの讒言なり邪推なりがあったのでは?

実社会でも在日韓国人や在日朝鮮人は本国でかなり差別されると聞いています
日本でもそういったことがあるのは事実ですが
そうではあっても法律で守られているのが日本なのも事実です
私が懸念するのは
大きな希望を抱いてでかけた代表チームで
梁選手が嫌な思いをするのではないかという1点に尽きます

おそらく梁選手はこれからも日本で生活していくはずです
国籍はどうあれその思考や行動は日本人であると思います
そのあたりのズレを梁選手自身が
どの程度受け止めて覚悟できているのでしょうか?

そういった意味でも心配ではありますが
良い経験になるかもしれないので
兎に角怪我をしないよう
一回り大きくなって帰ってきてくれることを心から願います
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
さすが国際政治学者!w
確かに微妙な選出ですね。まぁ国籍に罪はありませんが、
前回のドタキャン選出の件もあり、あのお国には何かと勘ぐってしまう。
まぁ本人がプラスの経験にしてくれればチームにも活かされるでしょう。
そう願います。
でも今のうちにはちょっと痛いね。
2005/10/20(Thu) 21:27 | URL  | ちゃり #-[ 編集]
>>ちゃりさん
しがない一仙台市民ですよ・・・私w

国籍なんて関係ないよ・・・と思っていた時期が私にもありました(AA略
しかしやっぱり国籍って大切なんですよね
海外旅行が出来て且つ行った先々で権利が保障されるのも
国籍を根拠にしたパスポートがあるからなんですよね~

ジョン・レノンが歌ったように国境がなくなれば
サッカーのワールドカップはなくなってしまいますよw
2005/10/20(Thu) 22:34 | URL  | 椰子蟹 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。