ベガルタ仙台・広島カープを中心に野球・サッカー及びその他のスポーツに関することや、東アジアを中心とした歴史や国際問題についても記していきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サポーターの支えとは
2006年01月04日 (水) | 編集 |
先程何気なくNHK教育の「ドイツ語講座」視てました

今回はペナルティーの2人がドイツロケで
あの奥寺選手が在籍していたことでも知られる
FCケルンのクラブハウスを訪れていました
FCケルンの練習場には
美しいオープンカフェが併設されており
練習を見学しながら飲食ができるシステムでした

ベガルタも導入汁!

まぁ直ぐには無理でしょうが…
普段の練習でも見学者多いので
狙ってみる価値はあると思うんですが

またFCケルンは総合スポーツクラブということで
女子のハンドボールチームももっていました

ベガルタも考えれ!

楽天金鷲が来仙したとき
東北ハンドレッドN社長が素っ気無い態度とっておきながら
シーズン途中にして結局R社がスポンサーに…
お互いの良いところをチョイスして
共存共栄を図りつつ
行く行くは総合スポーツクラブとなって欲しい
これは私の夢です

またクラブハウス内に
私設ファンクラブの事務所があることも驚きでした!

ベガルタも設置しれ!

FCケルンにおいて最大のファンクラブらしいですが
その歴史は浅く98年だそうです
しかしながら設立のきっかけは
FCケルンが2部に降格したとき
サポーターがチームを支えていこうと
何か行動したかったからということだそうです

聞いているか?投げる会!

チームの歴史からして違うのでしょうが
チームが苦境の時こそ支えようとするサポーターの存在と
その心意気は学ぶところが大きいと思います
またそのようなサポーターの心を掴むチーム作りも…

兎に角うらやますぃ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
縦割り行政ですから、柔軟なアイディアがあっても(あるかどうか知りませんがw)実現しにくいのが現状ですかね。
練習場も公共施設だから自由に商売できないのでしょうし・・・。
そういう意味でも、自立が求められます。(市・県のご恩は一生忘れませんがw)
もちろんその前に経営強化は必須ですが。

そして、地盤はあるのですから女子サッカー、駅伝、バレーボール
などのチームも出来ればいいですね。
「仙台」の名前が付けば応援する準備はありますよ。
「ベガルタ」ならなおさら!
2006/01/05(Thu) 11:31 | URL  | ちゃり #-[ 編集]
>>ちゃりさん
確かに行政に「おんぶにだっこ」状態では難しいですよね
しかし・・・現状では・・・

というか「ベガルタ」が冠の「駅伝」チームは!ハァハァ
2006/01/05(Thu) 12:20 | URL  | 椰子蟹 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。